夜明けまで強がらなくてもいいのMV秘話

2019年9月4日(水)に発売する乃木坂46 24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」のMusic Videoが遂に公開。

7月上旬の2日間で、イメージシーンは都内スタジオと栃木県足利市、そしてダンスシーンは東京・大手町にて撮影を行なった今作のMusic Videoは、「女の子たちが人知れず心の中で葛藤を持っていたり、誰にも打ち明けることができない悩みを持っている」という事をテーマに描く。

特にダンスシーンの撮影では、乃木坂46のMusic Video史上過去最高となる250名のエキストラの方にも参加、フロントを担う4期生:遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめの3名が何度もダンスの振りを確認する緊迫したムードが漂う。

梅雨の時期という事もあり、リハーサルの時には降ってくる雨が、本番収録のタイミングの時だけ上がるというちょっとした奇跡も!!

また遠藤さくらが涙を流すシーンでは、「4期生との思い出」を頭に思い浮かばせながら涙を流したという迫真の演技にも初チャレンジ。

乃木坂46では数多くのMusic Videoを手掛け、2015年に公開した乃木坂46初のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Dcumentary of 乃木坂46」の監督でもある丸山健志さんが指揮をとり、「メンバーの心情模様を画面に濃密に描きたい」という監督の思いから、あえて4:3での映像演出になっている所にも注目。

遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめが初参加となり、そしてグループのキャプテンとして8年間牽引した桜井玲香にとって最後となる表題曲のMusic Videoとなりました。

斎藤飛鳥、白石麻衣、松村沙友理などの表情にも注目。